禁煙に挑戦しても、結局我慢できずまた喫煙を始めてしまった方は多くいるでしょう。昔は禁煙パイポ程度しか禁煙グッズがありませんでしたが、今は補助薬や電子タバコなどの禁煙グッズが開発されましたので、根性で行なうより楽に禁煙が出来るでしょう。

注目記事

健康のためにとたばこをやめようと思い立ち、禁煙に取り組んでいるあなた。今が一番つらい時期かもしれませんね。禁煙することで、禁断症状に悩まされる方がいます。
タバコをやめるのはつらいものとして身に染みてしまうかもしれませんが、この辛い禁煙期間の禁断症状を乗り越えてしまえば、あなたの禁煙は成功できる可能性が高くなります
どれくらいで禁断症状や離脱症状に終わりが来るのか…離脱症状を乗り越えるために効果のある治療薬とは何か、その知識を身に着けるだけでも禁煙成功率がぐっとアップします。是非、健康な体を取り戻すためにも今回の記事を参考に、禁煙を成功させてください。
タバコをやめたときの離脱症状には、めまいや眠気などの普段の生活にすら支障をきたすものもあるので、その対策は知っておいた方がいいですよ。

禁煙による離脱症状の原因は何?

禁煙する女性

皆さんもタバコが体に悪いものだということは知っていますよね。
知ってはいる、理解してはいるのだけれど、タバコをやめることができない。そんな悩みを抱えている方、今も悩んでいる方はたくさん存在します。
いざタバコをやめようと決意したときに、あなたの敵となるのが、実は「タバコをやめたことによる離脱症状・禁断症状」による体調不良がほとんどです。
離脱症状・禁断症状がひどくて、禁煙を続けることなんてできなくなってしまう方も、たくさんいるほどです。そのため、禁煙は非常に難しいこととして認識されています。
タバコを一度はじめてしまうと、やめることは容易ではないのです。それは、あなたの脳がタバコの気持ちよさを記憶してしまうからなのです。
この離脱症状・禁断症状、どうして禁煙しようとしてタバコをやめると、ほとんどの方に必ずといっていいほど発生してしまうのでしょうか?

まずは、離脱症状・禁断症状の発生する原因について、ご紹介いたします。
離脱症状と禁断症状は、タバコに関しては同じ意味で使われる言葉です。実は、タバコだけに限らず、離脱症状・禁断症状は発生します。たとえば、アルコールだったり、市販薬だったり、さらには麻薬の場合にも発生することがあります。
これは、「依存性の高い物質」を摂取しつづけることで、脳がその成分を覚えてしまうため、摂取をやめたことによって脳が引き起こす症状だからなのです。
タバコの場合には、タバコに含まれる有名な物質「ニコチン」が非常に強い依存性を持っています。そのニコチンに脳が依存してしまうことによって、ニコチンの摂取をやめたときに禁断症状・離脱症状が発生してしまうのです。

離脱症状が発生するメカニズム

禁煙することによって離脱症状・禁断症状が発生する際のメカニズムは、以下のようになっています。

タバコを吸いはじめる→この時、脳は拒否反応を起こしています。そこでやめれば依存症になることもありません。しかし、どうしてもタバコを吸ってしまう人がいます。それは、タバコを吸うことで、かっこよさや大人になった気分を味わえるからではないでしょうか。

タバコを吸うことによって、脳がタバコに含まれている化学物質「ニコチン」を記憶します。
いったんニコチンを記憶した脳は、それ以降はニコチンを拒否しなくなります。それどころか、タバコの習慣化によって脳がニコチンを次第に受け入れはじめるのです。
依存物質であるニコチンの日常的、継続的な摂取を続けることによって脳はドーパミンを放出します。このドーパミンが、タバコを吸ったときに感じるすっきり感・快楽を与えてくれる>のです。ここまできてしまうと、もうタバコをやめることは難しいです。
タバコを吸うことによって快楽を感じるようになる→タバコが吸えないと、脳は快楽を求めるためタバコを吸えという命令を出す→>日常的に喫煙する。そこで禁煙を開始したとします。
タバコをやめることによって、脳が記憶しているニコチンを摂取しなくなり、ニコチンを要求しはじめる。

この時の、脳がニコチンを求める際の症状が、タバコをやめた時の禁断症状・離脱症状にあたります。
これが、禁煙時に離脱症状・禁断症状が発生するメカニズムです。
このようなメカニズムによって、脳がニコチンを欲しているにもかかわらずニコチンが取り込まれないと、体に不調が現れるようになってしまうのです。非常に恐ろしい病気とも呼べるかもしれません。
禁断症状・離脱症状の主な症状はいくつかありますが、眠れなくなったりめまいがしたり、普段の生活をおくるのが困難になるような症状も多く発生するようです。
このような症状がずっとあなたを苦しめるような場合、いっそタバコを吸ってしまおうかと思うのも無理はないでしょう。
禁断症状・離脱症状は、タバコをやめてから3日以内をピークに発生することが多く、それから長い人では1カ月ほど苦しめられることになってしまうのです。

禁煙は治療薬のチャンピックスで成功できる!

チャンピックス

禁煙時の禁断症状・離脱症状の恐ろしさがわかっていただけたのではないでしょうか。そして、この禁断症状・離脱症状こそが、禁煙を決意したあなたの邪魔をする最大の敵なのです。
では、禁煙をする時に強い味方になってくれるものはないのでしょうか?実は、禁煙の強い味方となってくれる治療薬が開発されています。この治療薬についてご紹介いたします。
禁煙の強い味方、その名前は「チャンピックス」です。チャンピックスは、禁煙補助剤と呼ばれる種類の治療薬で、禁煙をサポートしてくれる治療薬です。
そもそも禁煙補助剤とは何かというと、禁煙によってニコチンを脳が求めたときに禁断症状・離脱症状が発生しますが、その時の症状を軽減することを目的として開発された薬品なのです。
それらの症状に効果を持つものの他にも、タバコを吸いたいという欲求自体を抑制する効果を持つものもあります。

チャンピックスの効果について

「チャンピックス」の場合は、大きく2つの効果を得ることができます。
禁煙補助剤のチャンピックスは、タバコを吸ったときに快楽を感じさせるドーパミンを放出する脳の「ニコチン受容体」という部分に結合することで、少量のドーパミンを放出させる効果があります。
これによってニコチンよりは少量ですが、タバコを吸えなくなった時のイライラした気分などを軽減してくれるのです。
ニコチンと脳のニコチン受容体が結合すること自体を邪魔する効果もチャンピックスにはあるので、我慢できずに禁煙中にタバコを吸ってしまったとしても、前ほど気持ち良さを感じなくなるのです。これが禁煙補助剤「チャンピックス」の主な効果です。

チャンピックスの成分について

次に禁煙治療薬チャンピックスに含まれている成分をご紹介します。
実は禁煙治療薬には、ニコチンが含まれていることが多いのですが、チャンピックスはニコチンが含まれていません。チャンピックスに含まれている有効成分は、バレニクリン酒石酸塩というニコチンに似た構造の成分です。
このバレニクリン酒石酸塩が先ほどご紹介した働きかけを行うことで、脳がニコチンそのものを欲しがらなくなるのです。

チャンピックスの副作用について

しかし、チャンピックスはたしかに治療薬ですが、薬である以上は副作用など注意すべきポイントもあります。


  • ニコチンを配合した禁煙補助薬と、チャンピックスは併用しないでください
  • 薬を飲んだことによってアレルギー症状が出たことがある方は医師にご相談ください

チャンピックスを服用した時に発生する可能性のある副作用は、不眠症、吐き気、頭痛、便秘、お腹の張り、上腹部痛、食欲不振、異常な夢、めまいなどが挙げられます。このような症状が出たら副作用の可能性が高いため、医師に必ず相談してください。

また、イライラしやすくなったり、怒りっぽくなったり、気分が落ち込むといった症状も、副作用の可能性があるので注意が必要です。

チャンピックスの服用方法について

では、最後にチャンピックスの服用方法をご紹介します。服用方法を守って欲求に打ち勝つ強い味方にしてください。
まずは、チャンピックスを飲みはじめた最初の1週間は、喫煙をしながらチャンピックスを飲みましょう。つまり、禁煙を開始してからではなく禁煙を開始する予定日の1週間前がチャンピックスの服用開始時期になります。
最初の1週間が過ぎたら、服用8日目からはチャンピックスを服用して、禁煙しましょう。もし、禁煙を意識的に行うよりも前にタバコを吸いたいと思わなくなったときには8日目を待つことありません。自然にやめたくなった時に、禁煙を開始するようにしてください。
服薬する治療薬の量は、最初は1錠からはじめますが、徐々に増やしていきます。この時も用法用量はしっかりと守ってください。
チャンピックスの服用期間は12週間です。12週間チャンピックスを服用して、禁煙を成功させましょう。きっと、あなたの強い味方になってくれるはずですよ。

ザイバンというニコチンを含まない治療薬もオススメ

okサインをする看護師

禁煙するにあたり、ニコチンを成分に含んでいない治療薬としておすすめなのが「ザイバン」です。「ザイバン」は、禁煙を補助する目的の医薬品で、チャンピックス同様の禁煙補助剤です。
「ザイバン」は、海外で作られている禁煙治療薬です。日本では未承認の医薬品ですが、海外では今からすでに10年以上も前から一般的に使用されている禁煙治療薬で、ニコチンを成分の中に含んでいないタイプの禁煙治療薬です。
「ザイバン」は、最初は禁煙治療薬として生み出されたわけではなく、もともとはうつ病に対しての治療薬として開発されました。
しかし、ザイバンを処方された患者がタバコをやめていくことから、禁煙効果が強いことが判明し、今では禁煙を目指す方の強い味方になってくれています。

ザイバンの効果や服用におけるメリット

ザイバンの効果は、かなり期待できるものとして医師も紹介するほどです。それもそのはずで、禁煙するつもりではなかった人が、タバコをやめるほどの効果があるのですから、おのずとその効力には期待されるでしょう。
実際、ザイバンは禁煙効果を長期的に期待できる禁煙治療薬として期待されています。ジェネリック医薬品も開発されていて「ブプロンSR(ザイパンジェネリック)」として販売されています。
ザイバンを服用して得ることができるメリットとしては、ニコチンを使用することなく禁煙を行うことが挙げられます。その禁煙効果も認められており、チャンピックスで改善しない際にはザイバンを試してみるといいといわれているほどです。
ザイバンに配合されている成分である「ブプロピオン」には、ニコチンの刺激に対する脳への依存性・中毒性を緩和してくれる効果があり、その効果が脳のニコチンを求める禁断症状・離脱症状を抑制してくれるのです。

ザイバンの服用方法について

では、つづいてザイバンの服用方法をご紹介します。服用方法は必ず守ってください。特に、ザイバンは日本では未承認の薬ですので、外国で推奨される摂取量で効果があまりに強い時には、医師に相談して服用量を減らすなどの対処も必要かもしれません。

ザイバンは最初の1~6日目までの期間は、毎朝1日にザイバンを1回1錠服用します。この時には喫煙は可能です。
その後の7日目は、服用量を朝と夜の1日2回に増やします。服用量はどちらも1錠ずつです。この時も、タバコの喫煙は可能です。
2週目である8日目から、ザイバンの服用量を1日2回1錠ずつ続けます。この時、2週目に当てはまる期間のどこかから、タバコをやめてください。禁煙を開始します。
この使用方法を、7週間から12週間まで継続しておこないます。これによって、禁煙効果を得ることが期待できます。服用する際の注意事項としては、8時間以上の間隔を空けてザイバンを服用するようにしてください。

用法と容量を守って、不安な際には医師に相談も行うなど、上手にザイバンを禁煙に取り入れてください。それによって、あなたの決意した禁煙がより成功できる可能性があがります。
しかし、7週目に入ってからもまったく禁煙ができていない場合には、効果が見込めない可能性が高いです。その際は、ザイバンを服用するのをやめましょう。1度に服用するのは1錠だけです。
万が一飲み忘れたときにも2錠飲むなどは危険なので絶対にやめてください。

また、ザイバン服用時には、可能であればアルコールもなるべく控えるようにしてください。
ザイバンはニコチン代用品治療と併用して利用することが可能です。もし、ザイバンだけではタバコを吸いたいという気持ちを抑えきれない時には、ニコチンガムなども併用することによって、より禁煙を成功できる確率が上がるといわれています。
禁煙は並大抵の覚悟では行えないといわれていますが、このような禁煙をサポートする治療薬も今は様々なものが開発されています。是非、治療薬の力を借りて成功させてください。