禁煙に挑戦しても、結局我慢できずまた喫煙を始めてしまった方は多くいるでしょう。昔は禁煙パイポ程度しか禁煙グッズがありませんでしたが、今は補助薬や電子タバコなどの禁煙グッズが開発されましたので、根性で行なうより楽に禁煙が出来るでしょう。

加熱式タバコのiQOS(アイコス)が人気の理由とは?

iQOS(アイコス)はポケットバッテリーチャージャーとタバコスティックを挿入するホルダーの2つで構成されている加熱式タバコです。
普通のタバコとの違いは、加熱式タバコであるため火を使わない点、火を使わないので煙が出ない、タバコを吸うと水蒸気が出る、火で燃やしていないので灰が落ちないなどがあります。

さらに、iQOS(アイコス)で利用するタバコスティックにはニコチン成分が含まれていますが、タールが含まれていないため、普通のタバコを吸った時にはフィルターが茶色くなりますが、iQOS(アイコス)のタバコスティックのフィルターは茶色にならないなどの特徴を持っています。
タバコを長年吸い続けていると、歯の裏側が煙草のヤニで汚れる、黒くなるなどのデメリットを持ちますが、iQOS(アイコス)にはタールが含まれていないため、歯を汚さないなどの利点もあります。
ちなみに、加熱式タバコの原理はどのようになっているのか、普通のタバコとどのような違いがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか。
iQOS(アイコス)のホルダー内部にはヒーターが内蔵してあるのですが、このヒーターはタバコスティックを差し込む事が出来るように幅が狭く、薄い金属板になります。
タバコスティックをホルダーに挿入する時には、まっすぐ下方向に押し込む用に入れて、タバコスティックの吸い口部分に付いている線まで挿入をします。
ホルダーに付いているスイッチを押すと電源が入り、ヒーター部を高温度にする、ヒーターに接している煙草スティックが蒸されるので、普通のタバコと同じように吸うと、水蒸気が発生して加熱式タバコを楽しむ事が出来るわけです。
火でタバコを燃やさないため、灰が落ちないので机の上が汚れない、灰皿がなくてもホルダーを机の上に置いておけるなどのメリットがありますし、吸うペースを考える事で長く吸い続けられるなどの魅力もあります。
しかもタールが含まれていないので壁紙など室内が汚れないなどの利点もあり人気を集めているのです。

加熱式タバコは体に害はないの?

iQOS(アイコス)は加熱式タバコです。iQOS(アイコス)専用のタバコスティックをホルダーに挿入してから電源を入れると内部のヒーターが加熱され、通常のタバコと同じように吸うと、ヒーターに触れているタバコがいぶされるので、水蒸気を吸いこむ事になります。

一見、健康に良いなどのイメージを持つ人は多いかと思われますが、iQOS(アイコス)のタバコスティックにはニコチンが含まれています。ニコチンは有害物質の一つになるので、必ずしも健康に良いわけではありません。
さらに、水蒸気には臭いがあるのが特徴で、いぶされた臭いが室内に充満する事もあります。普通のタバコの場合はニコチンおよびタールの有害物質が含まれているので、肺がんや脳梗塞などのリスクを伴いますが、これはiQOS(アイコス)の場合も同じです。
但し、加熱式タバコは煙草を吸う本人には害があるものの、煙として漂うものではないため、周りにいる人への害を減らす事は可能になります。
普通のタバコは灰が落ちる、煙が発生すれば室内に充満してしまう、その煙を非喫煙者が吸い込むと身体を害するなどがありますが、iQOS(アイコス)の場合はこうした事がないのが特徴です。
ちなみに、加熱式タバコのiQOS(アイコス)はニコチンを含む愛好品です。喫煙の経験を持たない人がiQOS(アイコス)を利用した場合、ニコチンに対する依存度が生じる事になります。
さらに、禁煙を目的で利用しても有害物質でもあるニコチンが含まれているので、依存症を持つ人などは禁煙には向かないなどの特徴もあります。
タバコの有害物質の一つタールが含まれていないので害を低減出来る、煙が出ないので周りにいる人への健康被害を抑えられるなどの利点はあります。