禁煙に挑戦しても、結局我慢できずまた喫煙を始めてしまった方は多くいるでしょう。昔は禁煙パイポ程度しか禁煙グッズがありませんでしたが、今は補助薬や電子タバコなどの禁煙グッズが開発されましたので、根性で行なうより楽に禁煙が出来るでしょう。

禁煙すると実感するすばらしい効果とは?

ある作家が「禁煙なんて簡単だ。今までなんどやってきただろう」と書いていましたが、簡単そうで難しいのが禁煙です。今では国をあげて禁煙を奨励していますが、結局は個人の考えに任せるしか方法はありません。
反対に、喫煙をしたなら罰金を科すとか処分をするなどした場合はそれでは民主国家ではなくなりそうで危険です。
最近では煙草を吸わない人が煙草の被害を受けることが指摘されるようになっています。飲食店でも分煙が常識になってきていますし、分煙どころか完全禁煙という店舗さえ現れています。喫煙者には生きにくい時代になってきています。
禁煙が叫ばれ出した頃は、喫煙者も反論をする姿もありました。「気持ちが落ち着く」とか「精神的に癒される」などと言っていましたが、そうした反論も最近ではほとんど耳にすることもなくなりました。説得力が弱くなったからでしょう。

実際問題として、「気持ちが落ち着いて」も肉体が害に蝕まれては喫煙の意味がなくなってしまいます。
このように「喫煙の効用は認められない」ということで決着はしそうでも、それと禁煙は別問題です。少なくとも喫煙者はそのように思っています。ですから、禁煙をもっと社会に徹底させるには喫煙者に禁煙の効果を実感してもらう以外に方法はありません。
しかし、禁煙をしていない人に実感してもらうのは容易ではありません。実感とは実際に体験することでしか感じることができないからです。
そうは言いましても、何とか禁煙の効果を言葉で伝える必要があります。最初にわかりやすいのは目に見えるものということでお金です。煙草を買わないのですからお金が浮きます。肉体的には体力がつくことがあります。
呼吸とも関係しますが、呼吸が楽になりますと体力もついたような気持ちになります。
生活の質という面でいいますと、煙草を吸っているときはニコチンが切れると「吸いたく」なりますので煙草を吸う時間がどうしても必要になります。それがなくなることで生活の質が改善されることになります。

禁煙による唯一のデメリットと思えることがあった?

最初から煙草を吸っていない人は喫煙者からなにも言われませんが、喫煙者が禁煙をして非喫煙者になりますと、喫煙者からいろいろと質問をうけることがあります。
その質問というのは、禁煙によるデメリットの存在ですが、「禁煙をしないための理由づけ」の意味合いがあるように感じられます。
例えば、「集中力が落ちないか」ですが、煙草を吸っている人が禁煙をしますと、ニコチンの禁断症状で「イライラする」ことがありますので、集中力が落ちるように感じます。
つまり「集中力が落ちる」ことをデメリットにしたいようですが、「イライラしている」のはまだ完全な禁煙をしていないからです。
禁煙は間違いなく身体を健康にしますし、生活の改善につながります。健康という面で言いますと、禁煙と全く関係のないように思えますが、歯にも好影響を与えますし、臭いに対しても敏感になることがあります。

最近は、歯と心臓との関連性が指摘されることがありますが、煙草の害が心臓に悪影響を与えるのと同じように歯にも悪影響を与えるようです。
また、人間の臭いを感じるセンサーは鼻の奥の上のほうにあるのですが、煙草をやめることでそのセンサーに好影響を与えていると思われます。
このように禁煙にはメリットのほうが目立ちますが、デメリットも指摘するほうが健全な社会という考え方もあります。喫煙という行為は究極的には個人の趣味嗜好の世界ですから決めるのはあくまで個人であるのが正しい社会です。
しかし、決める際の情報は正しく偏っていないことが最低条件です。間違った情報を元に判断をしてしまっては正しい結論に至ることができないからです。大切なことは真の意味で自分の意思で決めることです。
ニコチンの禁断症状にかどわかされて決断することを避けないことが大切です。